【アイマのサスケ120裂波のインプレ情報】ヒラメ狙いで使ってみたい

ミノー

アイマからラインナップされているサスケシリーズ。

その中でも1年のなかで投げ込み頻度が多いというルアーがサスケ120裂波という人も多いのではないでしょうか?

ソルトでの定番ミノーであるサスケ120裂波。

いったいサスケ120裂波はどんな特徴のルアーなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではアイマのサスケ120裂波の特徴とインプレ情報などを紹介します。

アイマのサスケ120裂波の特徴

アイマのサスケ120裂波は120ミリサイズで重さが17gになっています。

またサスケ120裂波はフローティング仕様で探れるレンジが70~90センチということで一定レンジをサーチしやすいような設計になっています。

・キャスタビリティー

アイマの公式ページによるとサスケ120裂波は空気抵抗の少ないリップレスを採用しているために飛距離を出せるように設計されているようです。

サーフでひたすらに遠投することが好きな人なんかはサスケ120裂波のようなキャスタビリティーを意識してくれているミノーはありがたい存在ではないでしょうか?

・オールラウンド

アイマの公式ページによるとサスケ120裂波は魚種だったり場所を問わずに使えるようです。

日中は淡水で使って、夜はシーバス狙いで使う。

そういったこともサスケ120裂波でためしてみたいですよね。もしサスケ120裂波を使う機会があったらヒラメ狙いで1日中使ってどんな反応があるのかチェックしてみたいですね。

アイマのサスケ120裂波のインプレ情報

ツイッターにてサスケ120裂波のインプレ情報などがあったので紹介します。

引用:アイマ

https://www.ima-ams.co.jp/product/products/detail/35