アイマのアイボーン118Fシャローの特徴とインプレ情報について

ミノー

アイマからラインナップされているアイボーンシリーズ。

アイボーンシリーズは、飛距離が出るミノーということで愛用している人もいるのではないでしょうか?

今回はそんなアイボーンシリーズのなかでもデカいサイズのアイボーン118Fシャローについて紹介します。

はたしてアイボーン118Fシャローはどんな特徴のルアーなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではアイマのアイボーン118Fシャローの特徴とインプレ情報などを紹介します。

アイマのアイボーン118Fシャローの特徴

アイボーン118Fシャローは118ミリサイズで重さが19gになっています。

探れるレンジが15から30センチなのでシャローを探りたいときに持っておきたいルアーという感じがしますよね。シーバスが上を意識しているんだけどトップでは反応しないときアイボーン118fを使って少しレンジを下げて探ってみるのもおもしろそうですよね。

アイマの公式ページによるとアイボーン118Fシャローは重心移動システムを採用しているので飛距離も意識して設計されているようです。

シャローフラットを広範囲に探りたいときなんかにはアイボーン118Fシャローを遠投してテロテロと巻いてサーチするのも楽しそうですよね。

ちなみにアイボーンシリーズは3サイズがラインナップされているので通っているフィールドのベイトフィッシュに合わせてサイズを選んで使ったらミノーの釣りがより楽しくなりそうですよね。

アイマのアイボーン118Fシャローのインプレ情報

ツイッターにてアイボーン118Fシャローのインプレ情報などがあったので紹介します。

引用:アイマ

https://www.ima-ams.co.jp/product/products/detail/61