アピアのグランデージSTD C88Mのスペックとインプレ情報は?

ベイトロッド

アピアからラインナップされているグランデージSTDシリーズ。

そんなグランデージSTDシリーズのなかでもいろんなシチュエーションで扱えるように設計されているロッドがグランデージSTD C88Mのようです。

普段のベイトシーバスなんかで幅広いルアーを扱う人は気になるロッドですよね。

いったいグランデージSTD C88Mはどんなスペックのロッドなのでしょうか?

 

ということで、

この記事ではアピアのグランデージSTD C88Mのスペックとインプレ情報などを紹介します。

アピアのグランデージSTD C88Mのスペック

アピアの公式ページによるとグランデージSTD C88Mはいろんな状況で使うことができてバーサタイル性能を意識して設計されているようです。

そんなグランデージSTD C88Mは張りを感じられるブランクスを採用しているため軽快なキャストフィールがあるようです。

やっぱり釣りはグランデージSTD C88Mのような軽快なキャストができるように設計されているようなロッドを選びたいものですよね。

・8.8フィートでMパワー

・ライン範囲が12~25ポンドでPEラインが1.5~4号

・ルアー範囲が5~45g

・ロッドの重さが175g

もしグランデージSTD C88Mを使う機会があったらアンタレスdcなんかの飛距離の出しやすいベイトリールと組み合わせてバイブレーションなんかを使ってみたいですね。

アピアのグランデージSTD C88Mのインプレ情報

ツイッターにてグランデージSTD C88Mのインプレ情報などがあったので紹介します。

引用:アピア

https://www.apiajapan.com/product/rod/grandage/#Section05

タイトルとURLをコピーしました